ホーム>クリーニング職人の雑学

クリーニング職人の雑学

汚れがきれいにならないので 困ったので 最後にハイターですか?

201771051154.JPG

絨毯をこの様にしてしまったおそうじやさん かなり困って最後にハイターだったと思いますが ハイターはだめです。今回の私の仕事は白くぬけた部分のスポット染色です。でも黒くなっている部分を私がきれいにするとしたら と思いすこし試してみると ある程度 取れるのですが すこしシミが残ります。これはクリーニングの後乾燥させて すこしシミとり作業が必要です。

 

 

 

 

 

 

ブラインドのクリーニング ツール

2017615212955.JPG

写真の様によく汚れている ブラインドは 35キロくらいの圧力の洗浄液で 汚れをおとします。このツールはカーペット前処理剤の添付に使う ハイドロスプレーです。

 

 

2017615214034.JPG

洗浄液をブラインド裏表から 2方向スプレーして 温水リンスも裏表から作業します。 スタッフ 2名で作業しました。ブラインド11枚の作業時間3時間位で作業終わりました。

 

 

ブラインドのクリーニング

大理石の作業中の出てくる模様

2017615202347.JPGこれを見ると大理石の汚れているのがわかります。大理石メンテナンスを いままで されてないない大理石は 時間の経過ともに 徐々に汚れていくので 暗く なってしまっているのも 気ずかず 年月が経ってしまった。大理石をある程度 最初の様にするには 光度計の数値が が80台以上なるように作業します。
 

 

 

 

2017615205150.JPG

この光度計の数値を 80台位から 天井の照明が 床に映ってきます。

 

洗剤無しで高温水(50度から65度)のみ外壁クリーニング

タフテッド織の絨毯の施工後の浮き上がり

2017612174934.JPG

レストランの出入り口辺りの吹き上がりです。

 

2017612175438.JPGマイクロパットで作業です。30倍希釈 ブラシ アンド ボンネット で作業しました。

 

 

2017612175834.JPG浮き上がりは絨毯のパイルが乾く時にパイルの洗浄した接点の部分の汚れが洗剤に溶けて水分に混ざってパイルの上部に上がって水分は蒸発して 溶けた汚れがだけ残り写真の様に茶色のシミになるのが メカニズムです。 防ぐには 早く乾燥させることです。

ビニール製のソファークリーニング

20176172648.JPGビニール生地のクリーニングはクリーンブラシとマイナスイオンの洗剤を使用しました。いつもはG-510の5倍希釈を使用しているのですが 今回はマイナスイオン配合の洗剤で作業しました。

 

20176172818.JPG今回はこの洗剤の方がきれいになりました。どんどん進化しているのを 実感しました。

20176174713.JPG

クリーンブラシの使用前と使用後の写真です。

クロスの補修

2017510101236.JPG

クロスの破れ補修 

 

2017510101638.JPGクロスのやぶれている部分より大きめのクロスをテープで付けます。カッターナイフで破れるいる箇所より大きめにカットします。

2017510102449.JPG

クロスを合わせていてカッターで切ることにより同じ大きさになり それ

を貼り付けます。

 

 

 

 

男性用便器の尿石

201751083447.JPG

小便器の流れが悪くなってしまい 溢れてしまう様になって います。この場合 尿石取りの薬剤を使うのですが 便器内側の管の見えないところまで 尿石がこびりついていると考えられるので 尿石を分解する時間をいつもより 2倍はかける必要があります。見えない管の奥部分の尿石は見えているところより 尿石が多いと考えられます。

20175109130.JPG

尿石除去剤を入れる前に便器内の水を取り除き 尿石除去剤を入れます。写真のようにあわがでてきます。この時トイレ内の換気よくしてください。

 

201751091952.JPG尿石はなくなりました。水の流れもよくなりました。

 

 

ページ上部へ