ホーム>クリーニング職人の雑学

クリーニング職人の雑学

エコキメラってなんですか?

エコキメラってリン酸チタニアを噴霧することで室内の壁クロス、家具 、カーテン等の表面に結晶化さすことで 結晶が 空間に浮遊するウイルスと

か揮発性物質が結晶に触れると分解する効果があるのでウイルスや揮発性物質の量を少なく不可性化 させるので 抗菌 防汚 防カビ 消臭 シック

ハウス等を無くすことになるシステムがエコキメラです。

202048195143.JPG

対象物から30cm以上50cm以内の間で縦 横2回噴霧します。

 

 

車内をエコキメラで抗菌 ウイルス不活性化 消臭作業その1

2020481904.JPG

この様に エコキメラを車内に噴霧しますが ミスト状にケミカルを出すことで、車内べちゃべちゃに濡れてしまわない様に 噴霧します。

 

汚れた男性用トイレ を親水【某、抗菌 

2020325102641.JPG

 

 

浴室のカビ取り

202034164958.JPG

浴室タイル壁にカビ

特に目地にはたくさんついてます。

 2020341713.JPG

薬剤を塗料用のはけで塗ります。薬剤は次亜塩素酸ソーダです。

この薬剤 皮膚付くと 皮膚がただれるので 付いた時に すぐ水で洗い流します。

 

 20203417944.JPG

カビが取れたら ブラシ等で水洗いします。

 202034171644.JPG

カビは取れてきれいになりました。

 

 

 

換気扇の分解洗浄 その2

20191230134430.JPG

換気扇の分解でモーターが付いてくるタイプがあります。

 

 

 

 

 20191230135749.JPG

このタイプの換気扇は電気コードを外すので 1手間増えます。

 20191230142641.JPG

 

 

換気扇の分解洗浄

20191230124937.JPG

換気扇のシロッコファンにこれくらい埃が付いてしまうと 空気の移動量が半減しています。

 2019123013423.JPG

取り外して洗うときれいになります。このタイプはネジ 4つを外すことで分解できます。ただ ネジは埃で隠れていることが多く ライトで確認してネジを外します。取外しの作業する前に 養生をします埃が落ちるのと ネジが落ちて すき間に入ってしまい 見つけるのに 時間がかかることがあるので 必ず 養生とすき間ノズルを付けた掃除機を用意します。

 

温泉の成分がタイルにこびりついてます。

20191111174958.JPG
タイルについているのは 石化しているので ブラシ等清掃で使う道具では取れないです。

 20191111175733.JPG

石化しているので ケミカルを使う前に 歯を鋭くしてないノミとハンマーで 軽く打撃します。タイルを痛めない様に

 2019111118745.JPG

 

浴槽全体に黄ばみが広がってます。

 

 20191111181520.JPG

出来上がりました。分厚いのは打撃でケミカルが入りやすい様にしてケミカルをつかいますが 送風機等を使って換気は必ず必要です。

 

シルクに雨漏りの汚れ

201910311136.JPG

シルクに雨漏りで黒くなってしまってます。

このような場合前処理はしないで 家具用ウオンドで洗浄を先にします。

雨漏りでの汚れなので 大気中に浮遊しているカーボンの可能性があるので

前処理をすることで カーボンを細分化してより奥に移動させてしまうのと

分解して シミになってしまう可能性があります。

まずドライバキューム作業、家具用ウオンド作業、洗浄液はナチュラルファイバーで作業します。

 20191031112831.JPG

きれいになりました。 

 

床ワックスの剝離作業時間が読めない理由

20192811155.JPG

床ワックスの剝離作業 剝離剤を塗って 時間をおいてポリシャーで

スクラブして床まで剝離れればいいですが ワックスがまだ残る場合 終了時間

が読みにくくなります。

 201928112840.JPG

 1回目の剝離剤を塗ってポリシャー作業で 残ってしまうしまう場合 もう一度 同じ作業になるのですが ポリシャー作業ばかりだと 時間も

 剥離剤も 費用も 予定よりオーバーしてしまいます。どう作業をしていくかですが  スクレイパーで こぞります。写真の様に

201928113831.JPG

その作業後 床の表面に到達できてなければ もう1度 剝離剤を塗って こぞり作

業です。 到達するまで同じ作業になります。作業時間の短縮は つぎの剥離する場

所に 剥離剤を 塗ることです。

剥離剤を塗ると 乾燥させない様に 剥離剤を塗ります。ポリシャーに使うのは

タイネックスブラシの1番硬いブラシが最適です。剥離剤は塗ったら 入り込むのに

時間が必要なので 焦らず 次に剥離する場所が 乾燥しすぎない様に 気をつけて

ます。到達しているかどうか 確認の方法は 床の滑り具合で わかります。滑れば

まだ残っています。剥離できれば 中和剤として酸性剤作り 床と壁の境界を 金タ

ワシに酸性剤を付けて 擦ります。剥離剤が床と壁の境界に 残っているので その作業後 ポリシャー作業で剥離作業は終了です。

今回はスクレイパー作業2回、ポリシャー作業2回でした。この後 ワックス塗布の作業はあります。

 

ホテル、ゴルフ場などの厨房までの通路と階段

20192594324.JPG

ドアの向こう側は厨房です。厨房辺りでは よく見らる状況です。

 

 

20192595459.JPG

 

ポリシャーでスクラブ作業後 パウダーデフォマーを置いて ウオンド作業です。

パウダーデフォマーをいつもより 多く置いてます。汚れがひどい為 洗剤を 多く使いま

す。洗剤の量は いままでの経験だけです。多いか少ないかは ウオンドのバキュームの力で

判断していきます。バキューム力が弱くなると洗剤が多すぎです。ですが この境界を

 理解できれば 汚れがとれて きれいにすることの 最大値に近くなります。あとは作業

効率上げるため泡の出方を少なくするかです。しかし 泡は少し出るところがベストです。

 

 

 

 

ページ上部へ